FC2ブログ

ゆるりとトライアスロンにトライ

いくら頑張っても速くなりません。年とともに遅くなる一方です。いったいロングで完走できるのか?

# プロフィール

Speedrom

Author:Speedrom
ゆるりとトライアスロンにトライへようこそ!

# 最新記事

# カウンター

# 広告

楽天市場

# 広告2

にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
にほんブログ村

EAT. RACE. WIN.

私はアマゾン・プライム会員です。何といっても一番の魅力はプライムビデオ見放題。ちょっと古い映画やテレビ番組などがかなりの数のものを無料で見ることができます。私は弱虫ペダルはプライムビデオで見ました。

自宅のテレビやパソコンで見ることもできますが、Kindle Fireにダウンロードすれば外出先でもWifiにつなぐことなく見ることができます(決してアマゾンの宣伝ではありません)。海外旅行用に10インチのタブレットを買いましたが、買ってよかったと思っています。

最近おもしろいビデオを見たのでぜひ紹介したいと思います。

タイトルは「EAT. RACE. WIN.」

キャプチャ

2017年のツール・ド・フランスのオリカ・スコットに密着取材して制作されたドキュメンタリーです。プライム・オリジナルとあるので、アマゾンがつくったのでしょうか?30分弱の番組が6話で1シリーズとなっています。

ただし、主眼はレースではありません。チームを支える裏方のスタッフが中心です。副題に「食べて 走って 勝って~レースに勝つための食事」とあるようにチームの料理人が主役です。

私はツール・ド・フランスのレースの行方には関心を持っていましたが、選手たちがどのように作られたものを食べているのかについては考えたこともありませんでした。ほかにもチームを支えるスタッフたちが登場します。こんな風にして選手たちはサポートされているんだ、ということがよくわかるビデオです。

料理人たちはツールの期間、キッチンカー2台とともに、選手たちと各地を回りますが、選手たちと違うルートで動きます。彼らが訪れるのは市場だったり、農場だったり、漁師のもとだったり。選手たちに食べさせる新鮮かつ必要な栄養が得られる野菜、果物、チーズ、肉、魚等の食材を入手すべく駆け回ります。単に買うだけでなく、食材を見て、生産者に話を聞いて、味見してメニューを考えながら大量に買っていきます。そして選手たちの夕食に間に合うよう調理するのです。

料理はホテルの駐車場に停めたキッチンカーで作り、選手たちのためにホテルに運ぶのですが、どのチームも同じホテルに宿泊するので他のチームに後れを取ると建物から離れた場所にしか車を停められず、料理を運ぶのが大変になるなど、他チームの料理人との競争でもあるそうです。

料理人たちはレースの展開や選手の肉体的精神的状態を近くで見て把握した上で、調理法も含めて考えます。休息日の前日にはバーベキューにしたり、疲れが出る後半にはスパイスやハーブを利かせたり、またスタッフには別メニューの食事を提供するなど、へえ、の連続でした。

夕食だけでなく朝食や補給食の紹介もあります。ヨーロッパ各地のお菓子を一口サイズにアレンジしたり、ここぞ、という時のためのシロップなど。レース中の監督の動きや選手の心理状態も随所にちりばめられています。

これはとても言葉では説明できません。アマゾンのプライム会員でしたら、ぜひ、ご覧になってはいかが?


お読みいただき有難うございます。
にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
にほんブログ村
↑↑よろしかったらクリックお願いします!

佐渡のバイク

バイクは約160キロ地点、小木のエイドの手前で制限時間にひっかかり、撤収されました。止められるのはエイドだけだと思い込んでいたので、小木のエイドまでは走れるつもりでいたのですが、その手前で審判車が私を追い抜きそしてストップをかけられました。

後ろを振り返ると私の後をずっと走ってきたオートバイに乗った審判、そしてその後ろに観光バスが止まっていました。

観光バスは回収車でその後ろにはバイクを乗せるトラックがいたようです。私をエイドまで走らせるとこれから先のスケジュールがすべて遅れるのだろう、と観念してバスに乗り込むことにしました。これで私の佐渡の完走の夢は潰えました。

そもそもスイムアップしたのが遅かったのですが、後ろを見て私と同じ赤いスイムキャップをかぶって泳いでいる人は10人くらいしか見当たりませんでした(翌日速報をみてもう少しいたことがわかりましたが)。

着替えてバイクスタートしたのが8:01。周りはほとんど人はおらず、ぽつん、ぽつんと抜かれるだけでした。大会の写真を見ると7時半ころにアップした人は集団でバイクを走っていました。やはりスイムはもっと速くならないといけません。

bike_201809082121073b3.jpg


私のバイクは160キロのうち、ほぼ8割は一人旅でした。見かけたのは合計で20人いたかどうか。2年前に走った時にはエイドはそこそこ賑わっていた記憶があったのですが、今回はせいぜい一人か二人。完全に出遅れてしまったことが肌でわかります。

それでも前半を耐えて中盤のフラットなコースを頑張れば何とか時間内にバイク終了できる、と考えながら走っていました。ただ実際はスピードが思ったほど上がらず、そのまま時間が過ぎていきます。

両津は12時前には着きたいと思っていましたが、30分位遅れてしまい、住吉のエイドはだいたい制限時間の15分前に通過。やばいな、と思いながら走ります。

お腹もすいてきましたが、食べている暇はない。ジェルもあまり食べたくない気分で粉飴を入れた水だけで凌いで走りました。さすがに空腹を我慢できず、野洲のエイドでバナナとオレンジを食べていたら、いきなり制限時間の宣告。私はその前にエイドに入っていたのでOKでしたが、私の後の人は止められていました。

ということは私がバイクの一番後ろを走る、ということが決定です。オートバイに乗った審判が私の後ろをついてきます。それだけでなく、審判車も何度も私を抜いたり下がったり。救護車は私と並走しながら、中から「大丈夫ですか?」と私の顔を覗き込みながら声をかけてきます。

最初は大丈夫だと返事しながら走っていましたが、さすがに精神的に参ってきます。この時点ではほぼバイクで終わることは自分でわかりましたが、どこまで走れるか、です。とりあえず止められるまで走ろう、と思いました。

途中WS、ASを通過しますが、WSでは制限時間がないので、エイドだけを意識して走ることにしました。私が通過する時にはもうWSの片づけが終わっており、私が最後の走者だとわかっていたのでしょう、全員が整列して拍手で送りだしてくれました。

恥ずかしかったけど力にもなりました。

赤泊は何とか通過できたようで、とりあえず小木のエイドまでだろう、と思いながら走っていたのですが・・・。冒頭のようにエイドの手前で止められたのでした。40キロ位審判のオートバイを先導して走ったことになりますか。よく頑張ったものです。

なんともあっけなく今年の佐渡もリベンジならず返り討ちにあったのでした。


お読みいただき有難うございます。
にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
にほんブログ村
↑↑よろしかったらクリックお願いします!

佐渡のスイム

簡単に佐渡を振り返っておきます。

スイム。

今年のスイムは4キロ。下の図のように 900m+200m+900m の2キロのコースを2周。ブルーの線の方向に潮が流れていました。



この図ではわかりにくいですが、三角形というより往復コースに近い感じです。

スタートは大外からゆっくり行くことにしました。ほとんど直線距離は変わらないと見ました。ところがどっこい、同じように外からスタートする人が多く、外は混雑。中のほうが人は少ないように見えました。

最初は特にヘッドアップしなくとも人の流れにまかせればあまりコースからはずれることなく泳げました。

ただ、900メートルも進まないうちに私は次々に遅れて最初のブイを回るときにはまったくバトルはありませんでした。自分のスイムの遅さのせいです。うれしいやら悲しいやら。

最初のブイを回ればほぼ4分の1を泳いだことになるので精神的には落ち着いて泳ぐことができました。

折返しの900はどちらへ向かって泳げばよいのかよくわからず、前方を泳いでいる人を見ながら泳ぎました。じゃっかんジグザグか。1周終わって時計を見たら50分ちょっとでまあまあのペースと思いながら2周目へ。

2周目はブイを見誤り、1100m地点のブイを目標に泳いでしまい、人の流れと違うことに気づいて軌道修正、を何度か繰り返してしまいました。おそらくここで時間がかかってしまったのではないかと思います。

最後のブイを回ったあたりから脇下が擦れて痛くなってきました。あとで見たらものすごい擦り傷。ワセリンを塗り忘れたのですが、こんなに擦れたのは初めて。傷口が海水に浸かっているので因幡の白兎になった気分でした。

最後500m位で左右から人が近づいてきて逃げようとしたとたんに左ももに激痛。攣ってしまったのでした。幸いパニックになることなくしばらく腕だけで泳いでいたら痛みも落ち着いてきました。

最後の900mは長く感じましたが、何とか終了。2時間近くかかってしまいました(1時間51分)。

私がトランジッションにいるときに、Bタイプの松田丈志選手のゴールを告げるアナウンスが聞こえました。松田選手には抜かされなかったことになります。(BタイプはAより1時間半後にスタート)。

スイムアップした時に知人が私を見かけ、声をかけてくれました。この時におぼれ死ぬことがなくなった、と安どしたものです。

今年になって右肩が60肩になってストリームラインを取ることができず、スイムの練習ができるようになったのは6月後半。可動域が狭いながらも痛みなく泳げるようになったのは1か月前でした。一時期はスイムスキップすることも考えてことを思えば、今回4キロ完泳できたことは自分にとっては上出来で自信もできました。



お読みいただき有難うございます。
にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
にほんブログ村
↑↑よろしかったらクリックお願いします!

佐渡で返り討ちに

昨夜佐渡から戻ってきました。

2年前、バイクの最後でタイムオーバーとなり、ランに進めなかったリベンジをするつもりだったのに、返り討ちに遭いました。

今回はバイクも最後まで行けず、小木のエイドの手前でストップさせられ、回収車に乗せられました。

2年前の酷暑に比べると気温は高くならず、走りやすい気候でした。今回の完走率は80%を超えていましたから、私の力不足以外何物でもありません。

今年は諸事情があってなかなか週末バイクに乗れなかったし、60肩で6月までほとんどスイムができなかったり、と言い訳してもしゃあない、ですね。

もっとバイク速くなってきっとリベンジします。


お読みいただき有難うございます。
にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
にほんブログ村
↑↑よろしかったらクリックお願いします!

佐渡の補給食

佐渡まであと3日。でももう今日はほぼ終わりで土曜日朝に佐渡に向けて出発するので、持ち物準備です。

バイクと一緒にウェットスーツやヘルメット、シューズを送ったので持っていくものはウェアとか身の回り品中心。一番重いのがこんなもの。

IMG_20180822_212630_resized_20180826_063512788 (1)

今回の補給食です。

今回は粉飴ジェルと左上のエナジーブロックというものがメイン。だいたい全部で2500Kcal位だと思います。エイドでも食べると思うからカロリーは十分、だと思います。

このエナジーブロックはCRCで見つけて、つい衝動買いしたのですが、ラズベリー&グアバ味。

IMG_20180830_221704_resized_20180830_101735655 (1)

食べてみるとジャムのような味。ちょっと甘いけど水と飲むと抜群。疲れていても食べられるのではないかと思います。南米コロンビア製で100%ナチュラル。一包みが120Kcalだそうです。

必要なものはそろえた、と思うので、明日夜最終パックして土曜日に佐渡に向けて出発します。



お読みいただき有難うございます。
にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
にほんブログ村
↑↑よろしかったらクリックお願いします!

# 検索フォーム

# フリーエリア

# フリーエリア

FC2Ad