ゆるりとトライアスロンにトライ

トライアスロン始めて5シーズン目になりますが全然速くなりません。ロングでの完走が今の目標です

# プロフィール

Speedrom

Author:Speedrom
ゆるりとトライアスロンにトライへようこそ!

# 最新記事

# カウンター

# 広告

楽天市場

# 広告2

にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
にほんブログ村

ランのないトライアスロン~佐渡バイク編

佐渡トライアスロンが終わってから眠くて仕方ありません。大会前はバタバタして睡眠不足でしたし、大会当日も午前2時から目が覚めてしまった有様で、緊張が途切れて体全体が睡眠を欲しているのでしょう。これでランをやっていればどんなにひどいことになっていたか想像もつきません。


さて、佐渡トラでスイムが終わったところからです。

スイムアップは1時間48分。目標はトランジション終えてバイクスタートまで2時間でしたので、ほぼ目標通り。頑張れば少し貯金ができるところです。

この日のために、私はトランジションでやることリストを作っておいたのですが、気が急いてしまってこれを見なかったことが悔やまれます。

ウェットスーツを脱いで、タンクトップを脱いでバイクジャージ上下着て、靴下履いて、ヘルメットかぶって、グローブはめて、バイクシューズ履いて、ちゃんと忘れないように経口補水液飲んでおきました。

バイクスタートしてすぐのトイレにも寄って万端でバイクスタートしました。ここまでは「順調」でした。

その直後、私は背中が軽いことに気づきました。今回のために大量のエナジージェルを仕込んで10キロごとに口に含む計画だったのですが、肝心のジェルを背中のポケットに入れていない。弁当ボックスに入っていないか探しましたが、あったのはへにースティンガーのグミとクルミ少々。DHバーのボトルの水にはGUのジェルを2袋溶かしてあったのですが、これが私が190キロ走るために持っていた補給食すべてでした。

こんな感じです。
P_20160907_222543 (640x360)


目の前が真っ暗になり、トランジションに戻ることも考えましたが、そもそもコースを逆行して良いのかわからず、オロオロとそのまま進みました。

頭の中で考えたことは、まず手持ちの補給食は大切に少しずつ摂取する。エイドでおにぎりやバナナを食べてエネルギーを持たせる、の二つでした。

あとは省エネライドを心がけました。抜かれっぱなしでしたが、じっと我慢でペダルを回しました。

でもエイドはなかなかなかったですね。コース図を見てWS、,ASって何だろうと思っていたのですが、WSは「ウォーター・ステーション」、ASは「エイドステーション」のことでした。

WSは水、スポーツドリンク、コーラがもらえますが、食べ物はなし。佐渡トライアスロンのボトルがほしかったので、まず、水とスポーツドリンクをもらいます。

最初のASは43キロ地点でした。

ここでおにぎり発見。小さく切ったおにぎりをいくつか口に放り込み、バナナを食べて、エイドのおばさんに勧められるままオレンジやスイカを食べて、新聞とゼッケン見比べて私の名前を呼んでくれたおばさんにお礼を言って・・・。おにぎりは一度にたくさん食べると吐くかもしれないので、少しずつ食べ、後で食べられるようにラップに包まれたおにぎりもいくつか背中のポケットに突っ込みました。ついでに水とスポドリのボトルも冷たいのに入れ替えてもらいました。一体どれだけの時間エイドにいたのだろう。5分以上はいたと思います。

私のバイクの目標は15時までにバイク終了することでした。だいぶ遅れていることは認識していたものの、制限時間のことは一切頭にありませんでした。

なので時間には余裕があると勝手に思い違いをして、エイドで食べ物がある限り、補給に頑張ってしまいました。

さらなる見込み違いはアップダウンです。コースはこんな感じで
bike course

スタートから72キロ地点までは結構アップダウンがあったのです。上りでは極端に遅くなり、多くの人に抜かれていきました。Z坂では目の前に歩いてバイクを押している人を見かけ、私もつい足をついて押してしまいました。ぼろぼろの前半でした。ここでタイムも大幅に目標から遅れてしまいました。

目標タイム表を弁当ボックスに入れて時々見てタイムを確認しながら走る予定でしたが、クルミを取り出すときに飛ばしてなくしてしまったのも誤算でした。

前半は左手に海を見下ろしながらアップダウンを繰り返すというコースでしたが、中盤、島の東側を走る時には、左手に海を間近に見るフラットなコースになりました。この頃にはかなり暑くなり、エイドでおにぎりとオレンジを食べることに加え、背中に氷を入れてもらう、という儀式も増えました。最初は冷たかった氷もしばらくすると解けてしまい、また氷がほしくなります。

小木のエイドに向かう途中で、オートバイに乗ったマーシャルから制限時間が近いけど今のペースでは大丈夫と話しかけられました。ここで初めて制限時間を意識しました。確かバイクのゴールにも制限時間があったはず。マーシャルに再度尋ねてバイクの制限時間は16時半だと教えてもらいました。

最後のエイドは少し短めに出発。距離と時間を考えると間に合うと踏んだのですが、小木坂がつらく、ここで時間を食ってしまいました。

上りが終わって下りと平地になったら死に物狂いでペダルをこぎました。最後に10人位抜きましたが、ゴール地点についてのは私の時計で16時32分でした。この時点でマーシャルの方に急いでランに入ればバイクのラップだけは残るかもしれない、といわれて、ヘルメットを外して靴を履き替えて大急ぎでランコースへ。

でもランの入り口は封鎖され、6人が足止め食いました。マーシャルがやってきて、ナンバーとアンクルバンドを返上すること、バイクのタイムは記録に残らないことを告げられました。


ここで私の佐渡トライアスロンは終わったのでした。私は6分位オーバーしていたと思います。

実に反省すべきことが多いバイクでした。


お読みいただき有難うございます。
にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
にほんブログ村
↑↑よろしかったらクリックお願いします!


コメント

[title]:

こんにちは、せっかく走り切った190kmの記録が公式に残らないのは切ないですね。
あの暑い中を3800mも泳いで190kmも自転車で走っただけでも、普通の人から見ればものすごいことなんですけどねぇ、厳しいですねぇ(^^ゞ。
来年頑張りましょう!
  1. 2016/09/11(日) 14:51:56
  2. URL
  3. ぴよぴよ #gkbt0nUw
  4. [ 編集 ]

[title]:Re: タイトルなし

ぴよぴよさん

いらっしゃいませ。

佐渡でぴよぴよさんをお見掛けしないかな、と探したのですが、見つけられませんでした。何しろ超過密スケジュールで動いてましたからね。今度は余裕を持ったスケジュールで臨みたいです。

来年こそはロング完走できるよう頑張ります!
  1. 2016/09/11(日) 18:14:38
  2. URL
  3. Speedrom #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

# 検索フォーム

# Jog Note

# フリーエリア

# フリーエリア

FC2Ad