ゆるりとトライアスロンにトライ

トライアスロン始めて5シーズン目になりますが全然速くなりません。ロングでの完走が今の目標です

# プロフィール

Speedrom

Author:Speedrom
ゆるりとトライアスロンにトライへようこそ!

# 最新記事

# カウンター

# 広告

楽天市場

# 広告2

にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
にほんブログ村

残量計を発達させないと

最近は普通の新聞でも一般ランナー向けに実践的に参考になる記事がよくあります。

本日(11/30)付の日本経済新聞には「フルマラソン ガス欠防ぐ 『残量計』」という記事があり、私のようなへぼランナーにはとても参考になりましたので、紹介します。
記事

かいつまんで概要を記すと、

~初心者ランナーには、レースの序盤でオーバーペースで走り、自分の体力、脚力、心肺機能等の残量がなくなってからスタミナ切れに気づいて失速してしまうことが多い。

どれだけの余裕があるのか、常に正確に把握しつつきれいに使っていくのがマラソンの理想。精巧な残量計を作っておけば、途中でガス欠を起こすことなく、100ある力をすべてきれいに使い切れるようになる。

残量計を発達させるには、常に残量を意識し、どのくらいの余裕があるのかを考えながら走るのが第一歩。その上でトレーニングに変化をつける必要がある。

ペース走でも余裕度を気にしながら走る必要がある。練習前に自分の体調から終了時点の状態を想像し、走行中も常に疲労度をチェックし、走り終えたら、スタート前の想像通りだったか、走行中に感じていた通りだったかを確認する。

これを考えて走る人と考えない人では成長の差が大きく出る。~

というものです。

練習方法も、たとえば、スプリントやインターバル走で脚を使った後にペース走をするとか、いつもと違う距離を走るなど、異なった余力を感じられるように練習をする、等が紹介されていました。

私は残量計など考えずに、余裕がなくなってペースが落ちて、もう這い上がれない、ということを繰り返しながら走っていました。

想像してから走り出し、走行中も常に余力を考え、走り終わったら確認する、これからこのステップを踏んで、自分の残量計を発達させたいと思います。

今日、新聞読む前に朝ランしました。空気は冷たかったけど快晴で、木場大橋の上から、スカイツリーがくっきり見えました。


残量計などこれっぽっちも頭にない私は、いつも通りキロ5分で3キロコース5周を走り出しました。その結果、早くも3周目から失速開始。当初予定の5周(15キロ)はヘロヘロで走り終えました。どんな時でも残量計を使って、イーブンペースで走り切れるように鍛える必要があるのですね。

佐倉マラソンまであと4か月。結果として目標タイムを達成するだけでなく、体力をうまく使い切って走り終えることができるようにしたいものです。


お読みいただき有難うございます。
にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
にほんブログ村
↑↑よろしかったらクリックお願いします!


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

# 検索フォーム

# Jog Note

# フリーエリア

# フリーエリア

FC2Ad