ゆるりとトライアスロンにトライ

トライアスロン始めて5シーズン目になりますが全然速くなりません。ロングでの完走が今の目標です

# プロフィール

Speedrom

Author:Speedrom
ゆるりとトライアスロンにトライへようこそ!

# 最新記事

# カウンター

# 広告

楽天市場

# 広告2

にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
にほんブログ村

肺の力を鍛える

午前中に木場公園3キロ周回コースを5周走りました。15キロです。

先日と同じようなペースで走ろうと思ったのですが、実際には少しだけ速く、楽に走れました。朝の方が体が楽になるのでしょうか?今まであまり意識したことがなかったのですが、走る時間を変えて比較してみようと思います。

最近は走る頻度が増え、脚も徐々に慣れてきたのか、ダメージが減ってきたようです。3月に向けて、無理をしないように少しずつ距離も伸ばしていきたいと思います。

また、それなりに心肺機能が向上してきているのを感じます。でも、通勤時に地下鉄の階段を一段抜かしで駆け上がるとものすごく息が切れます。

特にウォームアップもなしにいきなり駆け上がるのはよくないのか、と思っていたら、本日の新聞にこんな記事を見つけました。
写真

「衰えた肺の力、鍛え直せるか  腹筋使い、長く大きく呼吸」

息を吸うときは横隔膜を、吐く時は腹直筋や腹斜筋を使う。これらの筋肉を鍛えれば、呼吸する力を取り戻せる。吸う時は横隔膜を思い切り下げて、吐く時は腹筋で押し上げるようにするとよいらしい。

また、呼吸筋と肺を包み込む胸郭を柔軟にすることが有効。肋骨の下の部分をさわり骨と骨の間をほぐすマッサージや、胸郭を開いたり引き上げたりする呼吸筋のトレーニングもあるようです。

この記者の場合は1か月半で肺年齢が56歳から47歳に下がったそうです。もっともこの記者は42歳らしいですが。

私も呼吸筋のマッサージをして肺の力を鍛えてみようかな。


お読みいただき有難うございます。
にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
にほんブログ村
↑↑よろしかったらクリックお願いします!


コメント

[title]:肺年齢 56歳です!

何を隠そう、自分の肺年齢は今年のドックの結果は「56歳」でした。
昨年は 58歳 アハハ・・・ かなりショックですが、何から計算しているのかは不明。
それでも、サブ3.5やトライアスロンのロングを完走できるので、気にはしてません。
  1. 2013/12/07(土) 22:29:06
  2. URL
  3. いわっさん #-
  4. [ 編集 ]

[title]:肺年齢 64歳でした・・・

いわっさん

コメントありがとうございます。

昨日の新聞記事によると、詳細はわからないものの、普通のペースで息を吐き切る「肺活量」と一気に最後まで吐き切る「努力性肺活量」それぞれについて年齢と性別、身長から割り出される予測値があって、それに基づいて計算されるようです。

インターネットで肺活量を入力すると計算してくれる「肺年齢オンライン計算機」があったので、試してみたら、私は何と!「64歳」で愕然としました。
http://www.hainenrei.net/measures/measurement.html

ちょっと真面目にマッサージしますかね。

  1. 2013/12/08(日) 16:35:42
  2. URL
  3. Speedrom #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

# 検索フォーム

# Jog Note

# フリーエリア

# フリーエリア

FC2Ad