ゆるりとトライアスロンにトライ

トライアスロン始めて5シーズン目になりますが全然速くなりません。ロングでの完走が今の目標です

# プロフィール

Speedrom

Author:Speedrom
ゆるりとトライアスロンにトライへようこそ!

# 最新記事

# カウンター

# 広告

楽天市場

# 広告2

にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
にほんブログ村

やまめの教科書

この本読みました。

やまめの学校
「自転車の教科書」堂城賢 著

やまめの学校の堂城賢(たかぎまさる)さんが、やまめの学校で教えていることをまとめた自転車乗りの教科書です。

堂城さんはプロのマウンテンバイク選手だったので、必ずしも従来のロードの常識にとらわれることなく、良いと思ったことを実践してきて、多くの人にも楽しく自転車に乗ってもらいたいと思ってやまめの学校を始めたそうです。

この本は、堂城さんがやまめの学校で教えていることを、ご自身の理論を裏付けにして書いた本だそうです。よってタイトルも「自転車の教科書」と名付けられました。

やまめの学校というと、自転車に乗る時の姿勢が背中を丸めない、おじぎ姿勢で有名です。

私も雑誌等でよく見かけたのですが、自転車の場合は一般的に背中を丸める乗り方が主流なのに、おじぎ姿勢がなぜよいのか、どう違うのかが、よくわかりませんでした。

この教科書でも、おじぎ姿勢の良さを前面に出しています。この本を読んで、私なりに理解したのは、堂城さんの主張によると、背中を丸める乗り方は、骨盤を後傾させた上で前傾姿勢をとるのに対し、おじぎ姿勢は骨盤を前に倒してそのまま前傾姿勢をとるということのようです。

おじぎ姿勢は簡単で、呼吸もしやすく視野も広がるという利点があります。

一方で、骨盤を前に倒して前傾させるには体が柔らかくなければできないので、必ずしも万人向けではないようです。実際、この本でも、体の柔軟性を高めることの重要性を謳っています。

私も骨盤を意識してみましたが、どうも骨盤を前傾させるのがうまくできないようです。骨盤を前傾したつもりでも、実は骨盤を後傾させて、背中を丸めているようなのです。

たとえば、私は開脚前屈ができません。娘の目の前で開脚前屈やると、くまのぬいぐるみみたいだと笑われます。今回いろいろと調べてみましたが、これ結構できない人が多いようで、どうすればできるようになるか書かれたブログなどたくさんありました。

なので、もし私がやまめの学校に入学したとしても、まず体を柔らかくすることから始めなくてはならないようです。

もっともこの本に書かれているのはおじぎ姿勢だけではありません。

前後左右のバランスをとる重要性が繰り返し書かれています。

その中でも重心を拇指球において前傾姿勢をとること、カーブの時は外足を伸ばすのではなく、内足1時-外足7時にしていつでも内足で踏み込めるようにしてバランスを取ること、は自分でもできそうなので、実践してみようと思いました。


お読みいただき有難うございます。
にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
にほんブログ村
↑↑よろしかったらクリックお願いします!


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

# 検索フォーム

# Jog Note

# フリーエリア

# フリーエリア

FC2Ad