ゆるりとトライアスロンにトライ

トライアスロン始めて5シーズン目になりますが全然速くなりません。ロングでの完走が今の目標です

# プロフィール

Speedrom

Author:Speedrom
ゆるりとトライアスロンにトライへようこそ!

# 最新記事

# カウンター

# 広告

楽天市場

# 広告2

にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
にほんブログ村

根性なし、だけではないのかも?

本日の大阪国際女子マラソン、ラストランだった赤羽選手は2位でした。笑顔で両手を振りながらのゴールでした。最後まで歯を食いしばって頑張っていましたが、一歩及ばず。赤羽選手はこれを最後のレースに引退されるとのこと、ご苦労様でした。

優勝したのは、ウクライナのガメラシュミルコ選手。3位はポーランドのヤジンスカ選手でした。途中からテレビを見だしたのですが、選手の名前が良くわからず、野人やガメラ???だったのですが、聞き違いだったわけではないようでした。


比較するつもりは毛頭ありませんが、私は午前中、木場公園ラン。20キロ走るつもりで家を出たのですが、結局気合が入らず15キロで帰ってきてしまいました。

途中で走るのをやめたのは私に根性がなかったからなのか?違う説も考えられます。

いわゆる疲労には、体が感じる「疲労」と、脳が感じる「疲労」があるそうですが、どちらも原因としてグリコーゲンの枯渇があるようです。

脳への糖質供給が減ってくると、脳は生命の危機を感じて、筋肉に対して動きを止めるよう指令を出すそうです。

ここから先は、脳と筋肉の化かしあいの世界に入るのですが、私の場合は筋肉が脳に従順なのだと言えそうです。

ここであきらめずに走り続けるためには、筋肉が脳に対して反乱を起こすか、グリコーゲンやBCAAなどを補充して脳にも糖質が供給されるようにするのが良いようです。

私の筋肉は従順で、脳に対して反乱を起こしそうもないので、後者が有効かもしれません。

そういえば、ちょっと前までは長距離走る前/途中にはアミノ酸を摂取したり、ジェルを含んだりしていましたが、最近は20キロ走には慣れたと思い込んで、何も口にしていませんでした。

レースの時だけでなく、練習の時にもエネルギー補給を心がけます。


お読みいただき有難うございます。
にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
にほんブログ村
↑↑よろしかったらクリックお願いします!


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

# 検索フォーム

# Jog Note

# フリーエリア

# フリーエリア

FC2Ad